スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフコントロール

疲れが段々きつくなってきたが、ファイナルファンタジーのバトル曲ヘヴィメタルアレンジを聴いたらけっこう回復した。

テンション上げたい方におすすめ。

中学生の頃くらいからゲームは全くやらなくなってしまったが、古いゲーム音楽は好き。

音楽を聴きながら作業できればいいんだが、私は曲を聴いてると他のことができなくなる。
これは昔プログレにはまっていた時、音や楽器の一つ一つまで神経を行き渡らせながら聴いてたクセが残ってしまったんだと思う。
聞き流してると頭に残らないし。
だから、作曲とかしてる割には、あんまりたくさん音楽を聴いてない。
夏の公演では音楽でかなり魅せたいので、これから色々聴かなきゃれば。
まずは戯曲を上げなければならんけど。

回復したし、徹夜しようか。
スポンサーサイト

なにかと疲れやすい

 食器洗いと洗濯をやり、食事をしただけで疲れてしまった。
 不規則な生活が祟っているなあ。

 洗い物しながら、「香りが開く」ということについて考えてみた。
 これは、飲食物が本来持っている風味が、ある操作によって引き出されることだ。

 一番メジャーなのはワインかもしれない。例えばボジョレー・ヌーヴォーみたいに若いワインは特に、空気に触れさせる/空気を含ませることで香りが変わるという。
 デキャンタに、そうさせるための特殊な型もある。「ウルトラ」という。こういうの。

 これにワインを注ぐと、パッと広がって内側全体を伝いながら、底に溜まっていく。空気に触れる面積が大きくなるようになっている。普通のデキャンタよりワインが酸化しやすく、味の浅い若いワインを化かすことができる。
 
 もちろん、こんなちゃんとした物でやったのを見たり飲んだりしたことはない。安物で試したことがあるだけだ。

 で、なんでこんな事考えたかというと、
 昨日ボンゴレを作った中華鍋を、水を張って流しに置いていた(洗う時に楽なため)。
 水を捨て、スポンジでかき回すと、一瞬アサリの香りが蘇った。
 冷水を張っていたため、香りが閉じ込められていたのである。


 また食事のときは、賞味期限の切れた納豆を、いかに臭みを消す調味料を加えて食べるかについて考えていた。
 これはそんなに難しくはなかった。全卵を入れて口当たりをマイルドにし、付随のタレに濃口しょう油を加える。からしは納豆を引き立ててしまうので抜き、代わりにわさびを入れる。わさびは臭い物を全体的に殺せるので、胡椒並みに優秀だ。これで問題ない。


 この話題の流れは何だろう。
 いや、賞味期限を切らす俺が悪い。

今朝の夢

 変な夢を見た。

 フィギュアスケート選手、浅田真央ちゃんのお父さんが政治家で、私はその補佐官だった。選挙が近づいたある日、浅田家を我が家に呼んで会食をする事になった。設定は実家だったが、見たことない家で、どこが何の部屋なのかよく分からない。ドアがいくつも隙間なく並んでいて、そのうちの一つを開けると、鏡張りの壁だった。

 おそらく夕方を過ぎていて、薄暗くなっていた。鏡には背後にある部屋の一部が映り、父親がひっそりと座っている姿が見えた。

 そこが会食場らしく、上品なクロスがかったテーブルの上に、食器やナフキンが整然と置かれていた。しかし部屋は明かりもつけずに、父親一人だけ、しかもあまり元気がなさそうなので非常に不気味である。恐らく始まるまでまだ時間があるのだろう。父親とぼそぼそ会話したが、何を話したかは忘れてしまった。

 しばらくしたら浅田真央ちゃんが来たのだが、すぐに場面が飛んでしまう。

 夜になった。私は町に立っていて、今晩行われる選挙について考えていた。この夢では世界は二つに分かれており、一つは現実の町で、もう一つはビルの中にある仮想現実だった。これは自由に行き来できるのだが、仮想現実での方が選挙活動の効率がいいようだ。その仮想現実とは、大きな部屋が漫画喫茶みたいに無数のパーテーションで区切られており、それぞれのブースに「住民」が住んでいて、立候補者は一番奥のフロアに横に並んでいる(彼らはパーテーションで囲まれてはないが、間には立てられており、お互いの様子は見る事はできない)。そこに真央ちゃんのお父さんの姿もあった。

 彼の顔は鳩山に似ていたが、名前は麻生だった。

 で、私はその仮想現実が入ってるビルの外で、選挙活動をしていた。私は変なステッキを持っていて、それはどうやら放射性物質でできている上、頭がおかしくなるウィルスを撒き散らす武器であるようだ。これを向けられた人は被曝し、そして頭もおかしくなってしまう。私は通行人を見つけるとステッキを向け、その人を投票どころか今晩のおかずを考えるのも不可能なようにさせていった。

 なぜこんな事をやるのかはよく分かってなかったが、それが麻生さんのためになるらしかった。

 ところで町の様子は非常に物騒で、あちこちで乱闘が起きたり、猛スピードで走る車が人を撥ねとばしたり、もともとひどく混乱していた。私以外にも穏やかでない方法を取るものは多いらしい。

 私は中間報告のために仮想現実に入った。ここは外とは全く違い、物音一つなく、廊下を歩く者もいなかった。ブース内には入る事はできないので、ここの「住民」には干渉する事ができない。唯一スピーカーが配置されていて、立候補者の言葉は聞こえるようになっている。

 私は立候補者がいるゾーンに向って右にある、関係者VIPブースに入った。そこには真央ちゃんやその家族、私の家族などがいて、談笑していた。外とはえらく異なったほのぼの空間だった。このような映画か小説を知っているような気がしたが、思い出せなかった。

 そして麻生さんに面会する。細かい会話は憶えてないが、状況が難しくて困っているようだった。私は「ライバルの候補者と話してみて、取るべき方法を考えてみます」と言った。

 私は隣にあるスペースに入った。そこにいたのは、小沢さんだった。

 私は無言でステッキを向け、小沢さんを倒した。

 「さすがにこれはやりすぎかもしれない」と不安になった私は、立候補者ブースよりさらに奥にある、隠し通路的なものを進んで首相に会った。本物の麻生さんだ。

 「これこれこういう事情なんですけど、どうでしょう」と説明すると、麻生首相は「すばらしい。私も麻生君のことは応援しているんだ。ぜひ頑張ってもらいたい」と快諾を得た。

 私は活気づいて、真央ちゃんのお父さんの所へと戻った。「麻生さん!!」

 ここで、私の中に、なぜ麻生が二人いるのか? という疑問が起こった。

 するとお父さんは、「アソウではない、アサウだ」と言った。

 アソウ、アサウ、アサダ……?

 しかしまあ、気にする事ではなかった。「プランは変更です。町に出ましょう。外で選挙活動をするんです」

 「しかし、どうやって?」

 「筋書きは私が即興で考えます。さあ、行きましょう!」

 

 ぜひ続きが見たかったのだが、ここで「寝てる場合じゃねえ!!」と思って飛び起きてしまった。

 なぜこんな夢を見たかというと多分、私が住んでる小金井市ではいま選挙が行われていることと、前に私の顔が「浅田真央に似ている」と言われた事があり、変に意識してしまうことなどがあるのだと思う。

世界最強のくるみ割り人形は果たして自らくるみを割ったりなどするのだろうか?

サシで五時間くらい話し合う。めちゃくちゃ疲れたが実り多かった。
書いてみたら、一行で終わった。ふるる。

 チキンラーメンは一晩放置したら膨張してきしめんみたいになる事を知った。昨日寝る前に食べて、食いきる前に寝てしまったのだった。
もったいないので食べたが、実にまずい。

 チキンラーメンは、開発当初はものすごく偉大な発明だったので、こんな食い方は人類文明に対する冒涜だと思った。

 そういえば全然関係ないけれど、沙村広明の「おひっこし」という漫画に、インスタントパスタの話が出てくる(架空)。
 カップ麺販売員が本場のイタリアで営業し、そこで雇った助手と不倫関係になり、子供が生まれるのだが、販売員は妻と子供がいたので日本に逃げ帰ってしまった。残された子供は成長して母親から父親への復讐を誓わせられ、殺害のため日本にやってくる。
 しかし最後には両親の偉大さ(彼らが作り上げたカップ麺はいまだに流通していた)に気づき、涙するという。
 そんな話。
 面白いのでお薦めです。

 

春のしらせ

 新小金井街道に桜が咲き始めました。

 昨日の会議で無敵の企画が始動し、一気に忙しく。11時から国分寺で打ち合わせ、昼下がり帰ってから三人くらいと同時にメールのやり取りしつつざるそばを食い、音楽サモンさんらのサンプル音源を聴き、スケジュール整理して、夕方から小平でまた打ち合わせ、帰って速報ビラのチェック、今ここ。これから仮設webコンテンツを決める。

 戯曲書くひまが無いんですけど……。

 あっちゃこっちゃにやる事があって「目が回る」とはこのことかっつう感じではあるが、走り回る類いの仕事はけっこう好きかも、と思ったりしたのだった。

 あと、適当に選んだテンプレの変え方がよく分からないのでいきなり困り始めた。
 かわいくなりたかったんですよ、私は。今は反省しながら生きてるけど。
プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。