FC2ブログ

パンがないならお米食べろ

久々に料理を作ったのですよ。ジェノベーゼを。以前乾燥バジルを100g入りの大袋で買ってしまったせいで、どんなにバジルを食ってもなくならない恵まれた人生を生きてきました。そして最近、賞味期限が切れました。これではいかんと思い、今日は練習も早めに終わったし、久しぶりにがっつり飯を作ろう、となり、なによりもバジルを使う料理を作ったわけです。

そして駅前にできたイトーヨーカドーを侮ってました。なかなか売り場面積の広い外国調味料店が入っており、オイルの揃いなら国分寺マルイを超える勢いです。今が熱い。小金井。夢の町小金井。

しかし肝心のバジルが残念なので、あまり意味はなかったです。料理のできは、他人が作ったものだったら褒めてる、という程度のものでした。まず乾燥バジルでは、ジェノベーゼにするのに限界があります。ハーブは生と乾燥ものとでは別物だ、というのは知識として知っていて、経験もそれなりにありましたが、「越えられない壁」を明確に感じられました。それはまあ収穫です。また、開封した上に賞味期限が切れたハーブが、おいしい料理に化ける事はきわめてむずかしいです。

そもそも「賞味期限切れの大量の調味料を処理」できるうえ「おいしい」料理を作ろう、という発想自体が世の中をなめた思考だといってさしつかえないでしょう。今日はちょっとつかれてたんです、それで気が迷ったんです、反省してる。あと腕がけっこうなまった気がしました。まあ当然でしょう。最近は魚を焼くくらいしかしてないのだから。


「料理の腕」というのは、包丁の入れ方やら、火の通りの見極めやらという、有形の技術をさす事が多いですが、また別の側面もあります。それは「この食材をこの量で使っても、これこれこういう配慮をすれば、おいしくなるだろう」という判断であり、「やったことないが、やって間違うことはないだろう」という確信である、いわば無形の技術です。これが欠落した場合、料理はおいしくなりません。そして、ブランクがあった場合、まっさきににぶるのがこの無形の技術なのです。
多くの人は、こういうのを感性と呼んでますが、これは技術なのです。

ちょっと話がそれますが、美術畑のひとたちは「技術」の対義語としての「感性」という言葉に多くのことを求め過ぎなのではないか、と私はつねづね思っています。彼らが言う感性とは、実際にはきわめて技術的な操作あるいは思考なのです(無形の技術)。美術においては、「あたかも」生まれ持ったかのような能力が大きく影響する、それは事実ではありますが、それはいわゆる感性という言葉には当たらないものだと思います。
では真に感性と言えるのは何か、という話は、長いしうさんくさいので、割愛。
スポンサーサイト



プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター