FC2ブログ

あなたと反応したい(乾燥編)

昨日シッカチーフの事をえらそうに言及したが、ちょっと気になったので調べ直してみた。

いわゆるシッカチーフというのは、鉛、マンガン、コバルトなどのリノール酸塩または樹脂酸塩の入った溶剤である。リノール酸塩や樹脂酸塩の化学的な性質は知らない。でもだって本に書いてあるんですもの! で、このうち鉛の入ったシッカチーフは無色透明で、ホワイトシッカチーフ、シッカチーフブランなどと呼ばれている。
鉛の乾燥促進は穏やかで、処方量を間違えなければ作業をいくぶん効率よくさせられる。

マンガンを用いたシッカチーフは、色が茶色である。ブラウンシッカチーフ、シッカチーフクルトレなどと呼ばれる。強力な乾燥をもたらすが、表面ばかり乾いて中が固まらず、不安定な状態を来しやすいというリスクがある。急ぎの作業に重宝するが、基本的に多用は禁物とされる。
マンガンは、絵具にはアンバー系に含まれており、これを少量混ぜる事でもいくらか乾燥促進を見込めたりもする。

コバルトのものも色は濃いのだが、使った事がない。最強過ぎるので、恐くて使えない。
しかし、マンガンやコバルトは強い酸化をもたらすので、不飽和度の低いオイル(ポピーとか)には有効という話もあったりする。

そんで、それ以外のシッカチーフにどういったものがあるかというと、コーパルが主成分のメディウムだという。ルフランのフラマンシッカチフ、ターレンスのハーレムシッカチフなどがそうなんだって。

しかしルフランというメーカーは、半分狂ってるほどメディウムに情熱を捧げているので、いくつかのチューブ状メディウムを出し比べてみるとその多彩さとクォリティに驚かされる。コーパル主体でも、どういう処方と加工でそうなるのか見ただけではまったく分からない。

ニュートンが内気な子だとすると、ルフランは自分が目立ってないと気が済まない、わがままタイプだと言える。ちなみにターレンスはツンデレである。


しかしやっぱり、油には油の気持ちがあるから、こちらの都合でせかしてしまうのはあまりよくない事ではある。油は人と同じくらい感情を持っている。
スポンサーサイト



プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター