FC2ブログ

文革とか

読んだ


文革‐南京大学14人の証言文革‐南京大学14人の証言
(2009/11/27)
董国強(南京大学歴史学科副教授)[編著]

商品詳細を見る



南京大学の情勢に関わった人たちにスポットを当てたインタビュー。
やっぱり色々な人がいるもんだね。境遇も思想も。

面白かった裏話。当時学生だった虞さんによる証言。



革命委員会が組織した雨花台での「喫憶苦飯(苦しい時代を思って食事をする)」活動は、印象深いものでした。造反派も保守派も隊列を組んで雨花台に向かいました。雨花台ではピクニックと同じ様に、かまどに鍋をかけ、大鍋で、豆腐かす・ふすま・山芋のつる、といったものが入れられました。またこっそりと何か調味料も加えられました。しかし、油や塩は全く加えられませんでした。こうして黒ずんだ、嫌なにおいのするものができあがり、一人一椀ずつ分けられました。私は、何人かの「革命性」の強い派閥のリーダーが競争して、一椀食べてはまた一椀盛っているのを見ました。
 私は心中彼らに敬服しましたが、自分では食べられませんでした。その時、班長が来て「虞さん、ここは人が多過ぎるから、向こうに行って食べよう」と言いました。私は彼と一緒に山の斜面の誰もいないところに行きました。
 班長はすぐに吐き出して「ばかばかしい! これが革命か?」と言いました。私は驚きましたが、直ぐに班長の考えが分かって、笑って、吐き出しました。戻る途中で、何人かが空いた碗を持って集合場所へ向かうのを見ました。もうおわかりだと思いますので、これ以上は言いません。これは非常に面白い一幕でした。おそらくどんなことでもそうでしょうが、やりすぎてしまっては、でたらめが出てきてしまい、結果、滑稽なことになってしまうのです。これも弁証法です!



スポンサーサイト



名もない小さな町の

今年三月にこの世界に登場予定の、ポエム君とカクさんの愛の結晶について、みんなでシニフィアンしてやろうというゴッドファーザーの会が今度行われる。

女の子らしいので、ぜひネオ癒しな名前をつけてみたい。

私はどちらかというと姓名判断などを重視しているので、そういうものにも適った名が挙ればいいなと思ってるが、先日さっくんと画伯の結婚式対策に冠婚葬祭本を買ったばかりなので、姓名判断本を買うのはちょい腰が重い。誰か買っといてくれないかしら。

そして、会場が私の部屋になるというので、やや考えた後、ベッドをばらして向きを変えてみた。本棚の下段が取りづらくなるかなとも思ったがあまり支障はなく、部屋が一気に広くなった。どうしてもっと早くこうしていなかったのか。溜まったホコリも一気に取れて一石二鳥なんめり。勢いでトイレもチリ一つないまでに掃除。便器を研磨剤でビカビカに磨いてやろうかと思ったが、さすがにしなかった。

私は部屋が汚れていてもあまり気にならず、しばしば散らかって足の踏み場もない状態にもなる。しかし、掃除をしはじめると自己目的化され、究極の奇麗さを求めてしまう。だから、掃除をしたといっても、それはあまり家庭的な情景ではなかったりする。

玉川上水と冬の日差し

午前。193からメール。「『ろくでなし啄木』を見に行こう」とのこと。だからなぜ当日に言うのかね。今日は打ち合わせする気でしたのに。いいけど。
日中、原稿をつめる。とりあえず配ってもいい程度に練れたので、ムジュビシノッサ大学に行き、工作員カクさんの協力を得て20部刷る。
その後池袋にて、193とともに「ろくでなし啄木」を見る。
いい芝居だった。
藤原竜也はやはり大変にうまい役者だな。動線がとても美しく、かつわざとらしくない。
脚本も、役者の演技力の高さを前提にしたような、肩の力の抜けた感じだった。
いいな。

あと、アクセントのミスをアドリブで笑いにするのを見れて、もうけもんだった。藤原さん苦笑。
三谷幸喜さんの芝居は、形式に忠実だけど、その上でそういうのが素直に効くあたりが現代的だな。
東京乾電池がシェイクスピアをやって、ある役者が盛大に台詞を飛ばしてしまう場面が映像で残っているけど、あれは柄本明さんの力業と、小劇場系の文脈でどうにかなったように見える。
藤原竜也で自然に起こるというのが素敵だと思った。

ちょっと気になったのは、やはりお客さんは笑い過ぎかなと。
コメディタッチだけど、あれはとても残酷な話なので、笑うに笑えないシーンでも平気で笑いが起きていると感じる場面がしばしばあった。
読解力が気になる。







プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター