スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘境

奥多摩を自転車で走ってきた。
あきる野・五日市から入って、檜原村を回っていくルートは風景がよい。青梅から回るとトンネルばかりなのだが、こちらだと遥かな山々を望みながら走れる。走り屋に人気のコースらしい。高尾山や狭山湖あたりの都市圏の山とは風景のスケールが全然違い、なかなか凄い。
そのまま奥多摩周遊道路を上り、奥多摩湖で折り返して青梅経由で帰還。往復で八時間。
山頂で日が暮れ、星が奇麗だった。

これだけ長く、高い山を上ってると、マシン含めての装備の必要性をひしひしと感じる。とにかく街乗りチャリのギヤで登り続けるのは結構なホネで、そもそも車体が重いので、余計な体力を消費する。
また、ダウンヒルでブレーキをかけずにカーブに突入するときなどは、ヘルメットやグローブないと危ないなあ、と切に思う。
50キロは出るので、こけたら事だ。

よく街で見るロードバイク乗りのライダーが、しっかりした装備をしているのは半分ファッションなのかと思っていたが、こうして山に登ったり車道を高速で走ったりしてると、当然要求したいものだと分かってくる。できることならロードバイクを買ってしまいたいが、そんな風に欲望にまかせてお金を使っていいのかどうか、抵抗も感じる。FXで稼げということだろうか。その発想はドツボな気もするが。






全然関係ないがイカ娘。江ノ島が舞台だったのか。見てないから知らんかった。
江ノ島ではつぶ貝の串焼きがお薦めである。初日も見れるので、日の出まで熱燗ワンカップ片手につまみ食べ歩きができて楽しいスポットである。
スポンサーサイト

FX(ふぐり・くさび打ち)

FXデモ口座、元本100万の設定でちまちまいじっていて、これで損でもすれば「やっぱりハイリスク商品はこえーやー」ってなるのだけれど、6万くらい勝ってしまってるので、どうすればいいかわからなくなりつつある。

しかしデモ口座でビギナーズラックでうまくいき、「相場の才能あるかも」と大金を突っ込んでハイレバレッジの取引をし、破滅する人も少なからずいるという話である。FX関係のコピペはどれも恐ろしすぎる。



701 名前:名無しさん@お金いっぱい。2009/07/06(月) 20:16:04 ID:HnypSwRzQ
今日から参戦することになりました皆さん宜しくです
投資経験はゼロですがFXバ-チャルデモで僅か半年で資金が80~100倍になりました
デモをやってみた感じこれは行けると思いこの流れのまま先月で会社を退職
運転資金として消費者金融に自宅を担保に1000万借りて定期預金解約して500万
退職金が400万、妻の実家の両親から100万の合計2000万で始めます
35歳第二の人生頑張るぞ

442 名前:701 ◆zn05JVP3P. 2009/07/19(日) 09:41:36 ID:cDc5PSrrQ
皆さんお久しぶりです
三日連続的にロスカットになり資金が完全に無くなりました
消費者金融の方と話しあいましたが分割返済は認められないみたいなので
昨日話し合って妻とは離婚することにしました
娘は妻が引き取ることになります
我が人生完全に八方塞がりですね
残念です
さようなら




174 名前:Trader@Live![] 投稿日:2011/03/17(木) 13:43:38.33 ID:g/MGLdZ2
昨晩2998万くらいの残高が有ったが
朝起きたら12万になってた
今頃になって実感が…

20万位から何度も退場を乗り越え
3年かけて勝ち組になったと思っていたのに
もうトイレに行く事すら出来ないよ
どうやって立ち直ろうか
仕事も初めて無断欠勤したし
つらい




528 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2011/03/17(木) 19:27:14.74 ID:a7nmxvK3
400万が10万になった
マネパでメンテが明けてレートが止まるまでの
5分間の間に追証を避けるため全決済した
この5分間にポジ切ってなかったら今頃300万近い追証きてた
390万失ったが、借金背負わなくて済んだ奇跡のファインプレーだったと思ってる
残った10万を海外口座で400万にしてまた戻ってくる





444 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:21:05.62 ID:iqnlsXMq
椎茸工場勤務ですが118.00L@100枚を113.00にストップ注文入れました・・・・。
ストップ引っかかったらコテハンにして心機一転やり直したいです。。。
原資が半分に・・(;;)(泣)

477 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:24:53.21 ID:iqnlsXMq
ああああああああああああああああ!!!!!!!!
椎茸工場勤務らしく素直にポンスイLしとこう・・・・・

479 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:25:09.55 ID:iqnlsXMq
>>474
市ね

491 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:26:30.89 ID:iqnlsXMq
あああああああああああああああ!!!1
ぼくたんが貯めに貯めた500漫画トンで行くうううううううううううううう!!><

501 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:27:28.06 ID:iqnlsXMq
このまま113.00に触れずに指標で爆上げを望む椎茸マンであった、くすん

779 名前: Trader@Live! [sage] 投稿日: 2006/05/01(月) 21:43:42.21 ID:iqnlsXMq
あひゃはややあああああああ!!!!!!!
500間ーんえんん!!!!!!!!!!
いっしょうけんめいためた500まーんえん!!!!
25歳にして酒もタバコmおギャンブルも女遊びもせずに必死に貯めた500まーんえねん!!!




人生は計画的に。

文す

一橋で安岡章太郎「質屋の女房」について発表。しかしレジュメがはかどらず大幅に遅刻、顰蹙を買う。るるる。

関谷先生と議論に入ると、どうにも勝ち目がなく窮してしまう。当然と言えばまあ当然なのだが、あまりに勝負にならないので悔しい。変な大学にいる時は最も読解力のある部類の学生だったはずなのだが、こんなもんか。院生の方々もスペックか訓練の賜物か、非常に処理能力が高くかつ柔軟で、まったくうらやましい。俺も最後まで勉強してりゃよかった。まあいいけどさ。

発表の機会ごとに、テクスト論にそって「読み」という作業をしっかりやるが、完結しているはずの「テクスト」から自由な切り口で意味を切り開いていけることに、最初は全能感を感じる。しかしやがて、一転して切っても切っても不自由しか感じられないようになる。そして、当初感じていたものはそもそも自由ではなかったのだということにやがて気づいていく。

私は絵画においてはある程度習熟しているので、この「初心者が錯覚する自由」の性質は知っている。絵画技術を知らない者がいくら奔放に筆を振るっても、それは自由にはなりえない。

最近ようやく、文学においても「初心者」から「初級者」へと漸進しつつあるということか。今日先生には「発展途上」と言われた。発展している以上は上がっていけると信じよう。

漆芸

 府中の伊勢丹で、漆職人さんと話した。

 赤地に黄や黒の模様を、日本画の「たらし込み」のように入れた、非常にめずらしい器を見せてもらう。漆器なので当然まったくフラットに仕上がっており、畑違いの私にも一目で超絶技巧と分かる。秋田の職人集団の中でも、これができるのは40年キャリアの人ただ一人だという。

 その他いろいろ、漆器の難易度について教わる。
 木目の見える摺漆塗りが一番やさしく、そもそもこれは本来下地塗りだという(なので耐久性は劣る)。趣味人でも数年で奇麗に仕上がるらしい。
 木目の見えない、朱や黒で均一な塗りが、10年以上の熟練を必要とする。
 たらし込みは、美しく仕上げるのは不可能に近い。

 巷で出回っている安価な漆器は、中国製である。
 佐藤栄作・田中角栄の時代、拡大する消費に応えるため、漆器が大量生産されはじめた。これはウレタンニスがスプレーで吹き付けられ、表面だけ中国産の漆がちょろっと塗られている。また材木が集積材などで耐久性におとり、ガーゼなどが下地に巻かれて補強されていたりもする。かつては乾燥速度を上げるためにアスベストまで使っていたらしい。
 職人さんいわく、中国人が悪いのではなく、やらせた日本人が悪いのだそうだが。


 日本製の漆器は正しく扱えば十年以上、あるいは一生保つので、実はコストパフォーマンスがよい。また使い心地は当然よく、「もう戻れない」という。
 おせちが漆塗りの重箱に入っていたのも、漆の殺菌効果による保存効果を利用した合理的なものであった。まさに日本風土のためにあるような素材である。
 だが持ちがいいゆえに、顧客は種類が揃うとそれ以上買い足すことはなく、新しい世代は関心を持たず、市場は縮小する傾向にある。ぜんぜん儲からなくて、馬鹿らしくなってやめてしまう職人さんも多いらしい。
 先の40年キャリアの職人ですら月給20万程度だという。そんなあんまりな。

 「ここ(伊勢丹)では安めに提供させていただいて、売り上げは期待してないですよ。詳しい人なら『3500円!? 安っ!』ってなるんですけど、素人さんだと『何で器がこんなに高いの?』ってなりますからね。そこでもう温度差があるんですよ。だいたい、原木が1000円、漆がバケツ一杯数万円のを使ってるんだから、大量生産みたいな価格になるわけがないんです。この値段でも儲けはほとんど出ないですね。修理の場合は分業しますから、取り分は500円くらいです」など。

 世知辛い話もたくさん伺ったが、ほとばしる漆への愛も感じた。
 職人さん曰く、漆は「言葉を喋れない赤ちゃん」らしい。
 漆は乾燥するまで温度や湿度の変化にとても敏感で、しかも自分からそれを知らせることができない。だから常に注意する必要がある。ので、「どうしたの? きげんはどう?」などと声をかけてコミュニケーションを図る(ほどに注視する)。
 やはり材料を極めると、人間に見えてくるもののようだ。しかも、だいたいかわいい。この心理は何だろう。

 色々教えてもらったので、箸と碗を買ってみた。最後に変な話も教わったが、ちょっとアレなので書かない。みんなもっと美術や工芸に興味持ったらいいよ。


チキンレース

チャリで国道16号線をぶっとばしていたら、不注意で看板に突っ込んでクラッシュす。前輪ブレーキ金具が破損した上、両手両足がもぎ取れて頭蓋骨が割れ、脳味噌が半分飛び出た。手もすりむいた。修理代1200円也。寝酒のウィスキー水道水割りがただの水道水となる。死。

あと最近流行りのFXをちょろっとやってみた。リアル金でなくデモ講座で。ゲーム感覚で楽しいけれども、俺みたいな素人がこんな危ねぇ遊びやっちゃ駄目だ、と思った。絶妙のタイミングで捌けた時の高揚感はなんともいえぬものがあるけれど、損する時の悔しさも大きく、感覚的にはギャンブルにひとしい。為替レートは数分単位で不意をついた動きを見せることも多く、まったく読むことができないが、予想にはテクニカル分析が役立つと小耳に挟む。しかしこれは山形浩生さんがボロクソに否定していたのを昔読んだことがある。どうなのだろう。

キャベツ野郎どもの死

ザワークラウトを作ろうと思い、キャベツを千切りにして塩をまぶして漬け、数日置いていた。
今日見てみたら腐っていた。

あまりのショックで女の子になりそうだった。
そんな日曜日。

デス・ドリーム

022006a2.jpg


小金井がどういう街かを如実に物語っている。

あとアゴアニキの新作が出ていた。



野田総理・経団連への殺意表明

 私は、ある立場にたっての政治的な言説を言うのはあんまり好きではないのですが、野田総理と経団連はいくら何でも酷すぎるので、殺意と呪いを込めて記事を書くことにします。


 APECの日米首脳会談で、交渉対象に何を含めるかが日米の記者発表で食い違いが起きていることに関して行われた、15日の参院の質疑、山本一太議員に対する野田総理の答弁について。

 前提の出来事はこれ。ホワイトハウスの発表では、日本がTPP交渉参加に向けた協議に入る上ですべての物品およびサービスを貿易自由化の交渉対象に含める方針である、とある。
 しかし、野田総理はそんなことは一言も言っていない。
 このことへの対処として、野田総理はホワイトハウスに「そんな話はしていないと否定」を行い、米当局は「事実ではなかったと確認した」という。

 重要なのは、日本は「訂正の要求」「抗議」を行っていない。
 そして、おったまげだが、アメリカはこの情報を、撤回していない。

 本件に対する山本議員の質疑と、それに対する野田総理の答弁。

山本「なぜはっきりと訂正、抗議の意を主張しないのか」
野田「事実関係は米も認めたし、それをみなさんに共有していただければそれでいいと思います」
山本「アメリカは内外に正式に発表した報道資料のなかでそう書いたのだから、ほかの国はそう思ってしまう。事実と違うなら訂正を」
野田「もう事実ではないということは明らかになったと思います」
山本「明らかになってないですよ、アメリカの正式な資料の中で、総理は『全ての物品とサービスこれを貿易自由化交渉のテーブルに乗せると述べた』って書いてるんですよ。それはちゃんと、総理の方から訂正を求めてください、おかしいですよ」
野田「『述べてない』ということを相手も認めたということであります」
山本「外交交渉において、相手が正式に発表した資料が事実と違うのであって、抗議もしない、訂正もしないとあればですね、それは事実だってことになっちゃうじゃないですか」
野田「事実ではない、ということを我々は申し上げて、そのことを相手も認めた、ということであります」
山本「じゃあ事実ではない、ということを示してもらってください。アメリカ政府に」
野田「いや、だから。事実関係がない、ということを我々は強く申し上げたんです。で、そのことは先方も確認をした。確認をした、ということであります」


 こんな感じのやり取りが延々続く。
 山本議員の「訂正しないんなら、誤解したままの諸外国への対処はどうするのだ」という問いには、「機会があるたびにその都度説明する」という謎の方針を打ち出す。
 「アメリカの国務省がうっかりでこんな事するわけがない。確信的な勇み足ではないか」「総理の国内基盤がしっかりしてない、反対派がある、それをアメリカは知っているから足下見られてあなどられてるのだ」などの指摘にも、まるで筋違いな解答。
 「こんなセンスで外交やってるんだ」と皮肉られる始末。
 だが、このかたくなさ、ただの愚かではない。

 この人はあれだな、国内産業守る交渉なんてする気ないな。
 なし崩し的に、財もサービスも全部自由化させる気だな。恐ろしいな。
 そうだよね、交渉なんてする気なかったんなら、合点がいくよね。できるわけないんだから、するつもりだったらバカなんだが。
 もっとたちが悪い。邪悪だ。

 10年後には日本は植民地になってると思うな。こいつのせいでな。


 さて、TPPに賛成している経団連とか、財界の連中ですが。
 なんであいつらは賛成しているのか、みなさんご存知でしょうか。

理由1 もうグローバル化しちゃってるので、日本国内が苦しんだりデフレ悪化したりしても関係ないし興味もない。
理由2 株主がすでにけっこう外資。だからもう半分外国の会社。
理由3 TPPで得をする米国企業と提携している企業も多い。

 とまあ、こういう、日本が沈没しても逃げられるような連中が賛成しておるわけです。


 だいたい、TPPなんて入らなくても、日本は二国間の貿易協定を多く結んでいるので、孤児になったりしない。
 たとえばタイとの農業協定では、日本は農業技術の提供、人材の派遣を行っており、かわりにタイ政府が日本に対してコメ自由化を求めないように定めている。こういうケースバイケースの、TPPよりはるかにソフトな協定で世界とは繋がれている。
 まあ、今となっては何を言っても止められないが。(でも議会で止まるかも……という淡い期待)

 しかしまあ、黎明にせよ落日にせよ、歴史は歴史。粛々と今を生き、ゆくすえを目撃しつづけようと思う。


ブレイクハート

 ついさっき、最後のタンブラーを割ってしまった。

 ただでさえ自転車のせいで、一日の締めくくりたる寝酒がハイボールから水道水割りになっている侘しさのなか、これは残念感極まる。

 ずっと以前は100円ショップのガラス器を使っていた事もあったが、これは非常にもろくて簡単に割れるため、あんまりコストパフォーマンスがよくないし、掃除も面倒臭いので、使わなくなった。
 本来ガラスは、組成上は鉄よりも強いものであるらしい。なぜ割れるのかというと、細かい傷が累積して、ある一点を超えると破綻するからだそうな。丁寧に作られたベネチアングラスなどは、落としてもなかなか割れることはない。

 以前、どこかは忘れたが温泉に行って、内風呂から露天に出ようとした。その出入り口には、大きなガラス戸が外れたまま立てかけてあった。私はそれに不用意に触って倒してしまった。倒れていくガラス戸を見ながら「やべえ!」と全裸できょどっているうちに、果たしてガラス戸は岩に激突した。しかしヒビ一つ入らなかったのである。これはなかなか感心だった。

 ガラスなども面白い素材なので、在学中に学べればよかったかな、とも思うのだが、窯がいるのでどのみち自作は無理か。素直に買い足そう。

TPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPppppppppppppp

野田総理、TPP首脳会合に参加できませんでしたね。あれだけ「有利に交渉すればいい」と言っておきながら、いきなりやられてしまってますな。

日本のTPPへの参加にはアメリカの議会の承認が必要で、それもまあおかしな話ではあるのだけれど、承認が下りてからTPPの内容決定まではほとんど時間の猶予がなく、日本が交渉のテーブルについた時点ですでに具体的な内容は決まりきっており、日本は「飲むか、飲まないか」の二択しかすることができないであろう、というのが現実的な絵です。

「交渉がうまくいかなければ離脱もありえる」というのは、日米関係を考えると切れないカードではあるけれど、手札として持つ事は有効となり得る。ヒトラーだって、まだドイツが弱くて出来もしないうちから「要求が飲めないんだったら戦争だ」つってさんざん英仏を脅していたんだから。

しかるに野田総理は「離脱はありえない」と言明してしまった。
自分から手札を捨てていく。

国会の答弁も見たけど、失望の念は広まるばかり。
どじょうは国民のためではなく、アメリカのために汗をかいている。

壊ーれーなーーがらーきーみをー追ーいーかけてくー

 自転車の崩壊度合いがひどい。

 かなり距離を走っているので仕方がないのかもしれないが、やはりドンキのものでは安物買いの銭失い感がいなめなくなってくる。

 つい先月ホイール両輪矯正・後輪タイヤ交換・ブレーキドラム交換までして、貴重な諭吉と稲造を消費してしまったのに、もうスポークが二本も折れた。自転車屋のオヤジも「またお前か」と呆れている。このオヤジさんには初めて修理に持っていったとき、あまりに酷い状態だったので「何でこんなになるまで乗ってたんだ!」と半ギレされたというトラウマがあり、腕は信頼できるのだが今でも行くのに勇気がいる。

 素直にちゃんとしたスポーツバイクを買ってしまった方がいいのだろうか。


 ところで、デッサンを書くときに使う道具のひとつに「計り棒」というのがある。これは棒なら何でもいいのだが、かざしてモチーフの水平垂直を見たりするのに用いる。
 横浜の予備校のころ、一世代上の人たちはスポークを計り棒にしていた。私は面倒くさがりなので、鉛筆や木炭でそのまま代用していたが、細くて真っすぐなので、なかなか便利そうではあった。私たちの代はすでにスポークを使う習慣は廃れており、たまたま遊びにきていた卒業生がそれを見て「計り棒に頼らないのか、いいね」と言っていたのを覚えている。
 大学でも、スポークを用いる人はほとんど見なかったような気がする。かなりローカルなものだったのかもしれない。




不吉

 夢。関谷研究室で昭和ゼミの人たちとだべってたら、なんだか話題が元号がどうの、歴史がどうの、という風になったので、一人取り残され気味になりながら「なんでそんな話題がホットなの?」と聞いたら、
「昨日、今上天皇が崩御したじゃないか! 知らないのか!!」と驚かれ、こっちがぶったまげた。

 という、他愛ない内容だったのだが、調べてみたら何か本当に気管支炎で入院してるみたいね。予知夢になったら嫌だな。

文文

学芸大学の自主ゼミに出て、院授業に出て、一橋大の院にも出てと、完全に関谷一郎門下生と化した文学ライフを送っている。学費は一銭も払っていない。

一橋ではいま安岡章太郎を取り上げており、初めて読んだのだが、文章の上手さに驚き。技巧というのは目にしないとなかなか分からないもので、こういった新鮮さをときどき感じるのはいいことなのだろう。




出っちゃ出っちゃ出っ出っ。
プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。