FC2ブログ

ゲーム音楽とか

 女の子に古代祐三を熱く語る夢を見た。
 「『ボスコニアン』はまさにオーパーツだったんだよ! それにスーファミが出てからも、古代を聞いて植松伸夫がショックを受けて、『ファイナルファンタジーⅣ』がもう完成寸前だったのに音楽を作り直すほどだったんだ!」みたいな感じで。

 今調べたら作り直したのは植松さん本人というよりは、サウンド開発チームが音源ドライバを改良したという話だったようだが、まあそれだけ古代さんは音作りに卓越している作り手なのである。

 ちなみに「ボスコニアン」は81年にアーケードで、87年にX68000(パソコン)用ソフトで発表されたシューティングゲームである。音楽は古代さんと永田英哉氏の二人で開発、作曲された。音源はデジタルデータをFMと同期させるという当時は珍しい方法をとっていて、脅威の高音質を実現している。

 下に古代さん作曲の一つを上げる。発表の87年3月というと、スーファミはおろか、メガドライブも、PCエンジンも発売されていない。まだ家庭用テレビゲームといえばファミコンの時代なのである。それが、こんなのがテレビから突然流れてきたらどうなるか、想像してみるがいい。





スポンサーサイト



プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター