FC2ブログ

銀座崩壊

 グループ展のためのギャラリーの申込書を書きに銀座へ。梵梵。電車の中で「ゼンダ城の虜」読むが、むかし映像で舞台を見たのにわけがわからなくなった。野田の戯曲はテクストとしてはともかく、情報として不完全なところがある。やはりこれら作品群は演出されるべくして作られているのだ。シェイクスピアから遠い。唐より、寺山より遠い。
 帰りに秋葉原に寄った。駅を出た瞬間に迷う。私の中の秋葉原駅は十年前の、小さくて狭くて暗くて臭いしょぼい姿のまま止まっているのだ。とらのあなだって、知ってなきゃ行けないくらい目立たなくて申し訳なさそうに同人誌を売っていたし、マスコットキャラデザインがむっくですらなかったんだよ。飯屋なんてなかった。でかいナイフが普通に売ってた。メイドがうろついてなかった。もう、地理が変わる勢いでなにもかも変わってしまった。本当に、駅周辺は地理が変わって、ちゃんと電気街口を出たのに現在地を把握するまでしばらくかかった。
 しかしそこまで秋葉原に思い入れがある訳でもなく、まあ変わるものは変わればいい、と思いながら、ゆめにっきのストラップを購入。「窓付き」「魔女付き」「モノ子」「セコムマサダ先生」買う。しかしモノ子は普通と「しんごう」状態2つそろっているのにモノ江がないのはどういうことだ……まあ言い出したらキャラは切りがないのかもしれんが。
 小平に帰って、昨日行けなかった萬盛改め生まれ変わった「蕎麦ダイニングくはら」で食いかつ飲む。この日を待っていた。私の絵が飾られており、うれしはずかし。もう蕎麦を食いにわざわざ西国分寺まで行くことはないんだ。でも蛤の茶碗蒸しと穴子の煮こごりは素晴らしかったので、それを食いにたまには行くかも。

スポンサーサイト



プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター