スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲役5000メートル

 生きてます。生きてまする、が、ゴールデンウィークの壊滅がほぼ決定した状態。それもこれも、仕事が遅いから。こんなはずでは。

 遅延の土下座メールを出そうとメールボックスを開いたら、別件で、母校の高校の国語科の人からメールきたる。同窓生向けの機関誌で「作家として活動してる卒業生たち」という特集をするというので、寄稿していたのだ。その初校ができたので確認をして欲しいとのことだった。
 私の他に、だいぶ先輩の方(どうやら歴史小説を書かれているようだ)との二人がとりあげられている。
 
 私の行っていた高校はそれなりの進学校ではあったのだが、どうも開成や麻布や栄光学園には勝てそうもないからか、教育方針が「うちは勉強だけではない!」みたいな妙なことをいろいろやろうとして、その結果いいのか悪いのか、エリートも出す一方でちょっと変なインテリを作る傾向があった。たとえば、今はなき京都大学キノコ部(法規制と同時に廃部された)の部長さんは私のいた美術部の先輩だ。
 私はそういう環境で落ちこぼれやってたし、ここにきていきなりそんな年期の入った先輩と並ばせられるのも恐縮するなあ、と思いながらもゲラを見たら、まあその構成が、インタビュー形式で質問に答える形になってるわけですよ。で、笑ってしまったのが、「作家を志したきっかけ」という質問に私もその先輩の方も答えてるのですが、二人とも「仕方なく小説家になった」と言ってる。なんかまあ……浅野は素直な子を作るといいよ。


スポンサーサイト
プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。