スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手書きアニメ

牛蒡氏も新作出してた。




踊るモノ江

236e.png


ewt4.png


rewj6.png


jwets.png


スポンサーサイト

MAD

皿さんが新作出してた。


できごと(おこってない)

 風邪を引いたので治した。
 基本的にやったことは、食事をよくとること、それくらいだった。普段私は晩飯しか食わないが、なるべくこまめに栄養補給するようにつとめた。滋養強壮。
 あと市販の風邪薬は、やはり全く効果を感じない。容量の二倍を飲んでいたが、治りが早まったとは思えなかった。風邪を早く治したいなら、多少面倒でも医者に処方箋を早めに書いてもらうがいい。
 まだ若干、喉や鼻から虹が飛び出るけれど、生活に支障はなくなった。しかし、貴重な締め切り前に数日間休んでしまった。

 小説はたぶん締め切りには間に合うが、どうも枚数オーバーの癖が出てしまう。担当の美少女(31歳男性)には「100枚くらいで」と言われたけれど、このままだと130枚か、それ以上になる恐れがある。どうも、目指してる枚数に着地するのが不得意。


 あまり私の人生に関係ない事だが、帯ひろ志が亡くなってたことを最近知った。小学生の頃、氏の漫画を読んでいたので、ちょっとショックだった。調べたらまだ若いのに、突然倒れたらしい。南無。


 今日は何かとりとめもなく書いてるけど、風邪でダウンしているときは主にゲーム動画を見ていた。私はゲームを買ったりプレイしたりすることに関してはきわめて限定されているが、プレイ動画、実況プレイ動画などは見てもいいのだ。
 それで、前から知ってたが、改めて面白いなと思ったのは、「ロマンシング サ・ガ3」のミニゲーム、「マス・コンバット」。ロマサガ3は、そのミニゲームだけで一つのゲームになると言われているほど、ゲーム内のミニゲームが多彩で奥深く、マスコンはその最大のものの一つ。これは軍隊同士を戦わせ、「前進」や「後退」「防御」「全軍突撃」など、状況に応じて司令を出し、敵の撃破を目指すといった趣旨のものだ。ストーリーを進めると、情報操作などで敵軍を撹乱したり、自爆兵を突撃させたりなど、特殊な技も使えるようになる。
 で、見ているうちにやりたいなー、フリーでやれる同じようなゲームないかなー、と思って探したら、あった。
 「マスターコンバット」という、身も蓋もないパクリ名前で、内容もまんまマスコンバットのゲーム。あるじゃん、そりゃ需要もありそうだし、誰か作るわな、と思って早速ダウンロードしたが、開けない。よくよく見ると、ウィンドウズでしか遊べないようである。
 Macで生きていると、こういうことがあるのだ。なんだよ。だいたい、Win使いは卑怯なんだ。あいちゅーんずやあいぽっどならまだしも、ふぉとしょやいられまで平気で使いやがって。おまえら、今すぐマウスを捨てやがれ。馬鹿野郎。
 という怨念を胸に、しかたがないので、ゲームやりたい欲を晴らすべく、フラッシュの戦略ゲームを探す。
 結果見つけたのがこれ。
 http://ja.y8.com/games/warfare_squad
 
 兵のユニットを移動、攻撃させ、敵軍との攻防を勝ち抜き、全滅させるか、砦を落とすかすれば勝ち。
 頭を使わないと勝てないけど、将棋ほどは難しくない、ほどよい難易度で楽しい。敵AIもややバカである。
 セリフが英語だけど、読めなくても問題ない。英検準二級の俺が問題ないので、多分みんな問題ない。すぐにゲームに慣れるでしょう。
 やってみればいいよ。たのしいよ。

 それと並列してやってるのが、まあライフワークと化した僕サガなのだけれど、最近目標を失って惰性で続けてる状態になりつつある。私がやってる鯖は比較的のんびりした、いわばマイナーリーグなのだが、とはいえ人口トップでのエンドも一度果たしたし、先日、長年の目的だった「魔人」エンドも果たした。
 (僕サガは、通常は終末が近づくと「勇者陣営」「魔物陣営」に別れて、最終戦争が起こることになっている。勇者陣営が勝利して終わると、陣営のトップが「勇者」の称号を得て、ボーナスアイテムとして聖剣エクスカリバーがもらえる。一方魔物陣営が勝利すると、そのトップは「魔人」の称号を得て、魔剣レーヴァテインをもらえる。このレーヴァテインがずっとほしかったのである。ねんがんの レーヴァテインをてにいれたぞ!)
 てなわけで、もう、しゃかりきになって目指すものがないのだ。勇者勝利というのも一度やってみたいが、これは個人では不可能である。この世のどこかにある目標をしらみつぶしにして探さなければならないので、徒党を組んでやらなければならない。それは面倒くさい。
 それに、なんだか最近はいよいよ僕サガサービス終了の噂もたちはじめてるし、なにもかも潮時なのかな。もう、今僕サガやってるプレイヤーは私みたいな奴しかいないし、新規顧客が望めないとなるなら、何かしら駄目押しで課金品セールをして逃げ切る、ってのが運営のする手だとも考えられるが……なんかこう、発狂レベルのイベント起こしてくれないかな。最期に一花咲かせるみたいな。







ローマの休日(世界の終わり編)

 昨日の土曜。かったるくなったので、小説書きはお昼のうちに終わらして、夜はお酒飲んでだらだらする。土曜だし。サタデーだし、ナイトフィーバーする。小料理屋で。遠藤周作「海と毒薬」読む。おもろかった。最近当たりをよく引く。
 謎めいたテクストもいいけど、素直に心に響くテクストもいいな。とくに酔っていると。

 そんなわけであと約一ヶ月間、書くマシーンとさせられる苦悩のあまり断髪したのだった。つまり床屋に行く、これは昼の話である。

 8rrbX.jpg

 

 この感じを地でいくような。
 そして、散髪したての私が恐れる悩みと言うのは、自衛官に間違えられないかということである(うちの近所には自衛官がうようよいる)。すでに人生で二回も「自衛隊の人ですか?」と言われてしまっている。次は殴ってしまうかもしれない。心は少女だから。だいたい、この年になって自衛官て、もう士じゃなくて曹だろ。軍曹に見えるのか。それとも青年将校か。



生命の危機

 肩こりがやばい。痛い。
 範囲が広すぎて、ワキや、胸まで痛い。なぜか腹筋も若干痛い。
 なんだよ……パソコンに向ってるだけでこんなことになるのかよ……

 腕のいい整体師にかかりたいな、と思うが、湯に入って整体して、ビールの一杯でも飲んだら、もう小説なんて書く気になどならなくなるに決まってるので、半日つぶれる。
 それに、気に入った整体師を覚えておけばいいものの、ずぼらだから名前を控えたりなどしてないのだ。だからいつも一期一会。
 整体というのは、本当に技術と知識と経験なのだ。力でもみほぐすだけでは非効率なのだ。
 ちなみに小平近辺のお湯やさんで私の知る限り、一番整体師のレベルが高いのは「テルメ小川」だと思われる。そんなに色々なところ回ってないけどね。あそこは修了制作のとき、大変お世話になった。

 これ以上酷くなる前に、ピップエレキバン買ってみようかな。あれ本当に効くのか。効かなかったら温泉行く。


続まんが

 衛藤ヒロユキを読んだら、当然柴田亜美を読みたくなるものだね。というわけで、超久しぶりに「南国少年パプワくん」を読んだ。

 私は衛藤「グルグル」とあーみん「パプワくん」のリアルタイム世代で(だから思い入れが強い)、テレビアニメも見ていた。二人を知らない若い人のためにおじさん解説すると、この人たちは「ドラゴンクエスト四コママンガ劇場」という、エニックスのやってた企画から出世した人たちである。(というか、ここから第一級の作家になったツートップである)
 それでパプワくんは、前半はハチャメチャなギャグなんだけど、後半はシリアスですごいことになるんだよな。アニメだとシンタローがパプワ島を去るところで終わっちゃったけど、物語的にはそこから始まるんだよな。それで、子供の頃はなんとなく読んでたんだけど、今読むとこの話、壮絶だな……と思うんだよ。シンタローの家族、悲惨すぎるだろ……。あーみん、これを子供向けに描いてたのか?
 ともあれ、読むのは十年以上振りだったので、半分忘れていたところも多く、凄く楽しめた。
 なんか、エニックス系の作家って、ギャグ中心だけど物語後半で読者の対象年齢忘れて暴走するから、好き。夜麻みゆきの「レヴァリアース」とかね。衛藤の「がじぇっと」も、若い子はよくわからんだろ。
  


プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。