FC2ブログ

フルメタルジャケッツ

 小平に一瞬だけ帰宅。草に水をやり、学芸大でテクストを取り、沖縄料理屋で飲む。
 知らないおじさんに、久しぶり! と言われる。
 聞くと、私がたかりのクソオヤジにブチ切れした時のを傍で見ていたらしい。美大出にも骨のある奴がいるなと変なほめられ方をする。
 それから手を取って、「こりゃ筆だけ握ってる手じゃない」と言われた。拳骨が殴る手の特徴を持っているという。
 確かに小学生の頃は極真空手をやっていたが、そんなにずっと影響があるものなのだろうか。

 聞くと、おじさんは自衛官だった。
 ヒラで入隊して二曹までいったが、「これ以上昇進しないよ」と言われたので、夜間大学に通って幹部試験を受けたという。
 試験はマーク式だったので、太宰府で六角鉛筆を買って、面に数字をかき込み、すべて転がして出た答えを書き込んだところ、みごと受かったという。あんぐりである。
 「受かったとき、だれもおめでとうって言ってくれなかったよ。みんな『えーっ!』て言うんだ。しかしさすが菅原道真、学問の神様だね」
 そんなこんなで今は二尉(中尉)だという。

 そんな彼がいうに、自衛隊廃止論には強く反対している。
 これが、防衛の面とかではないんだな。
 「自衛隊で囲っとかなきゃやばいやつらがいるんだよ」と言う。いわく、人殺しの訓練をしている組織は自衛隊と警察だけで、特に自衛隊の佐世保や習志野にはやばい奴が一杯いるらしい。それこそ音もなく、4、5人さくっと殺るくらいたやすいという。
 「レンジャーですか?」
 「いや、レンジャーは俺もやったけど、その上がいるんだ」
 なにそれ。
 殺人術の一つを例えとして聞いたが、首を絞めて殺すときにビニール袋を被せるという。悲鳴を封じたり窒息させたりするためですか? と聞くと、「いや、血を吐いても汚れないからだ」と返ってきた。
 ふう。どこで結論づけられた技術なんだ、それ。
 「そういう連中を、野に放ってはいけないんだよ。自衛隊がなくなったら、そいつらが行くところって……決まってるだろ? だから、安全に雇っとくために『我が社』が必要なんだ」
 
 そういう面白い話が聞けた上、なんだかおごってもらいました。中尉殿ごちそうさまでした。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター