FC2ブログ

余裕ができたので、久しぶりに自転車でやまにのぼることにした。

コンディションと、どれくらい時間をとれるかによって、選択肢はいくつかある。

・多摩湖……近所。お散歩コース。
・高尾山……程よい距離。ただ低いので、登り応えがあまりない。
・陣馬高原……程よい距離、高尾山と同じくらいかな。ただ坂が殺人的に急。
・秩父……遠い。だけど勾配はそれほどでもないので、わりと巡航できる。
・奥多摩……鬼畜コース。ママチャリで行く場所じゃない。

 今回は、運動不足だけどちょっと足を伸ばしたくもあって、いいあんばいに高尾山を選んで行ってみた。だけど高尾山口に着いて、さあ登ろうか、というときに運動不足がたたって足がつった。
 ストレッチしてごまかす。
 だいたい高尾山は、すぐ登れてしまうのに到着するまでが長すぎるんだよ、小平からだと。奥多摩は到着してからが長くて(そこからが地獄の始まりで)楽しいのに。
 でもなんだかんだで、二時間くらいで行けて、二回登れて(登って、相模原方面へダウンヒルして、引き返してまた登って高尾に帰る)効率的な山ではあるな。陣馬は坂が急すぎるのとヘアピンが多すぎるのとで、ダウンヒルがまともにできないからね。
 といっても、高尾山は高尾方面の下りはぬるいカーブばかりなので、あまり登っただけの対価が得られた気はしない。相模原方面へは比較的面白いが、奥多摩周遊道路の快感に比べると、どうもな……という感はいなめない。ノーヘル・ノーブレーキで死を感じないからな。「今対向車が来たら……死ぬかも!」という感じがぜんぜんないよ。べつに死ぬような運転してないけどさ。
 あと年齢的にはもうみそじのおじさん(少女)(少女)だけど、運動不足ゆえかグリコーゲン溜まってたようで、体力的にはむしろ好調といえた。ハンガーノック寸前で帰宅、計算もばっちり。まだまだいける。でもその後中華料理屋さんでビール一杯飲んでトイレに立ったらふらふらして、いきなり無理するもんじゃないよ、って体に言われた。トレーニングは計画的に。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター