FC2ブログ

おそまつとか

「おそ松くん」のリメイク「おそ松さん」が始まってだいぶ経つ。私はしばらく、見る気になれなかった。
 ぎりぎり、「おそ松くん」はリアルタイムで見ていたのである。私は昭和生まれだ。
 それで、思い入れもあったし、「おそ松さん」は、あまりにファンにいいように解釈されすぎているように感じたし、そういう素地があるということは、その程度の作品なのだろう、と勝手に思っていた。
 が、第一話が発禁になるというので、その機会に見てみた。これが、わりと面白かった。くだらなくて。もしかして監督が大和屋暁かな、と思ったが、それは違った。でも、相当影響は受けているだろう。
 二話以降は特に言及するほどでもないけど、まあとにかく、あの赤塚不二夫作品がこんな風になるのかな……という感はある。
 赤塚不二夫の魅力は、ドン引きするほどの狂気にある。
 だから、それが現代的に希釈されたのを見るのは、すこし心苦しいものもある。
 べつに、一松とトド松がボーイズラブしてもいいんだけど、原典がなにを言ってるのか、知っておいてほしいとは思う。イヤミはスーパースターなんだよ。たとえばそういう、私の世代が自然に感じてることが、この二次創作を行っているひとたちと共有できてない気がして、ちょっともやもやとする。



これを、テレビで見てたんだよ。みんなは見てたのだろうか。




 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター