FC2ブログ

芸祭り初日

そんなこんなで、四年ぶりに芸祭を回る。でも初日の朝はなんかまだ始まってない感じ。仕方ないので、詐欺のような値段のフランクフルトを売る手伝いをする。売る側になると、売るのは楽しい。かなり滅茶苦茶な宣伝文句を叫びまくる。「選べる味! イタリアのケチャップ! フランスのマスタード! カナダのメイプルシロップ! イタリアのチーズ! イタリアの胡椒! 日本製のフランクフルト!」通りすがりの女子高生とかが苦笑してて楽しい。人生は、無意味な部分で楽しんでれば、わりと全体的に幸せに生きられる気がする。

ダンゲーキ・サムービの公演を見る。まあ、トータルで言えば良かったと思うよ。やはり作演はハードコアな人間がやった方がいいと思う。役者はほとんど一年生で大変だけど、まあがんばるしかないな。

夜は久しぶりに男流作家協会の人たちと飲む。馬鹿話→美術の話→馬鹿話、という黄金の流れは相変わらず。S氏の作った架空の「アンパンマン二時間ドラマ」が面白かった。どういう話かというと、カバオ君の「痛い……寒い……殺して……アンパンマン、僕を殺して……」という台詞から始まる。アンパンマンは苦悩の末の決断でカバオの息の根を止めるが、それを気に病んでふさぎこむ。バイキンマンはそれにつけ込み「やーいカバ殺し! ハーヒフーへホー!」となじる。カバオ君のお母さんは「カバオを返して!」カバオ父「よせ! すいません、あれ以来家内はずっとこんな感じなんです……アンパンマンさん、気負わないでください……」そして再び現れるバイキンマン。アンパンマンも反論し、「僕だって! あんなことしたかったわけじゃない。だけど……あんなカバオ君の姿を見て、ほっとけることはできなかったんだ……」バイキンマン「何を言う。命あるものの生き死にを、お前みたいなアンパンが決めていいのか! 何だお前は! 神か?」そんなのが二時間続くのね。もっと面白かったのはキテレツ大百科のパロディだが、あまりにあんまりな内容なのでここには書けない。

そんなこんなで、四年ぶりの芸祭ですよ。無意味を楽しみたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター