FC2ブログ

美術家

実家にゴーバックユアセルフ中。

意地っ張りでかっこつけでツンデレな俺の父が、「ハチミツとクローバー」のことを「若者の葛藤と、成長の過程が描かれていて好感が持てる」と、めずらしく甘い評価をしていたので、久しぶりに通して読んでみる。

そして、ちょっといろいろ自覚したことがあった。



俺、もう絵描きとして、絵を売ったり、賞をとったりするつもり無いな。

多くの目に晒されるのなら、演劇か、脚本や小説などテクストでやりたい。

媒体がちがえば、引き出される部分も微妙に違う。自分の仕事を見ると、演劇とテクストは私の器用な部分がうまく出るように思う。
絵はそうでなかった。


絵を描くときは、なにひとつ、嘘をつくことができない。
むりやりついても失敗する。
演劇と美術どちらが本音という話ではなく、媒体の性質として、私にとって絵はそうだった。
それを自覚した。

だからもう私は、自分の信じる美に従って、描きたいように描くし、描きたいものしか描きたくないし、描きたいときにしか描きたくない。不特定多数に見てもらいたいとも思わない。そうして静かに、絵に向き合っていたい。

唯一専門教育を受け、技術を習得した油絵が、「究極の趣味」になってしまうのは気が引けるけれど、そうしかできないだろうな。

でも、男流作家協会で展示やるなら呼んでほしい(ツンデレ)(遺伝)


あまり眠くないので、夜の横浜の住宅地を散歩した。朝人を吐き出すところだが、夜はとても静か。
着こんで、手袋してれば、体を冷やさずに歩くことはできるのだ。
そんな年末。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いきなり続きを読む・・・?
にやにや・w・


ハチクロありがとう!

No title

ハチクロ、感動して泣きました。あんないい漫画だったっけ。

No title

上のは金城のコメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター