FC2ブログ

ウォッシュレット・ナウ!!

かけもちで毎日練習になりそうな今週。起きられない朝。怪談。「わーい!」という交通事故的な生成。芸術という弱い神様を信じる生き方。半額に値引きされたマグロを買う。値引き魚は買っても損した気持ちになる事がほとんどだが、ヅケにすればおいしい。素材を馬鹿にしたような食い方もあるいは真理をはらんでいる。
ちょっと料理をすると、気合いを入れたくなる。今はそんな余裕ないが。


ryo-pa.gif

ジェノベーゼ。
レシピ パスタ、バジル、松の実、アンチョビフィーレ、にんにく、EXVオリーブオイル、トマト。バジルは本来、生の葉をフードプロセッサーで刻むか、気合いで包丁で刻むかして細かくするが、乾燥バジルの100g袋も売られているのでそれを使った。松の実は弱火で空炒りし、冷ましてから細かく刻む。にんにく、アンチョビも細かく刻み、これらを混ぜ合わしたのにオリーブオイル、クレイジーソルト、胡椒を投入し練る。これがバジルソースとなる。パスタは生麺を使った。ミネラルウォーターにアラスカ岩塩を溶かした熱湯で茹でる。これをバジルソースとからめて、最後に細かく切ったトマトをのせて完成。

ホワイトクリス

「白身魚のホワイトクリスマス風」
盛りつけが汚いが、深夜に一人で作って食ってたので許してほしい。鯛の切り身二切れ、パプリカ、赤ねぎ、にんにく、塩、胡椒、小麦粉。鯛に塩こしょうし、小麦粉をまぶす。オリーブオイルと潰したにんにくをフライパンに入れ、弱火で炒めて香りを移す。(余談:にんにくは金属を嫌うらしいので、あまり包丁を通さない方が香りが豊かになるらしい。なので油に香りを移す目的なら、切るよりは潰して使った方がいいという)そして鯛を軽くソテーし、パプリカ、赤ねぎを入れ、少し炒めてから白ワインを入れ、蓋をして蒸す。時間が経ったら鯛、パプリカを取り出し、赤ねぎにレモン汁を振り、鯛に添える。非常にさっぱりとしており、また軽く、ボリュームあるコース料理のメインディッシュとしては小食の方でも食べやすい。

ろーsと

ローストビーフ。インプロ美食会より。
牛フィレ塊に塩こしょうしてひっぱたきまくり、ソテーして表面を焼き、ビニール袋に何重にも包んで炊飯器に入れて保温。人肌程度を1時間ほど維持。切り分けてからバジルやイタリアンパセリなどを散らし、塩、オリーブオイル、バルサミコ酢などをかけて食べる。


料理は物質的だが、強烈に人生を癒す。以前別の場所にも書いたが、もし人生がいまと大分違ったものになるとしたら、私は料理人になりたかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター