FC2ブログ

野田総理・経団連への殺意表明

 私は、ある立場にたっての政治的な言説を言うのはあんまり好きではないのですが、野田総理と経団連はいくら何でも酷すぎるので、殺意と呪いを込めて記事を書くことにします。


 APECの日米首脳会談で、交渉対象に何を含めるかが日米の記者発表で食い違いが起きていることに関して行われた、15日の参院の質疑、山本一太議員に対する野田総理の答弁について。

 前提の出来事はこれ。ホワイトハウスの発表では、日本がTPP交渉参加に向けた協議に入る上ですべての物品およびサービスを貿易自由化の交渉対象に含める方針である、とある。
 しかし、野田総理はそんなことは一言も言っていない。
 このことへの対処として、野田総理はホワイトハウスに「そんな話はしていないと否定」を行い、米当局は「事実ではなかったと確認した」という。

 重要なのは、日本は「訂正の要求」「抗議」を行っていない。
 そして、おったまげだが、アメリカはこの情報を、撤回していない。

 本件に対する山本議員の質疑と、それに対する野田総理の答弁。

山本「なぜはっきりと訂正、抗議の意を主張しないのか」
野田「事実関係は米も認めたし、それをみなさんに共有していただければそれでいいと思います」
山本「アメリカは内外に正式に発表した報道資料のなかでそう書いたのだから、ほかの国はそう思ってしまう。事実と違うなら訂正を」
野田「もう事実ではないということは明らかになったと思います」
山本「明らかになってないですよ、アメリカの正式な資料の中で、総理は『全ての物品とサービスこれを貿易自由化交渉のテーブルに乗せると述べた』って書いてるんですよ。それはちゃんと、総理の方から訂正を求めてください、おかしいですよ」
野田「『述べてない』ということを相手も認めたということであります」
山本「外交交渉において、相手が正式に発表した資料が事実と違うのであって、抗議もしない、訂正もしないとあればですね、それは事実だってことになっちゃうじゃないですか」
野田「事実ではない、ということを我々は申し上げて、そのことを相手も認めた、ということであります」
山本「じゃあ事実ではない、ということを示してもらってください。アメリカ政府に」
野田「いや、だから。事実関係がない、ということを我々は強く申し上げたんです。で、そのことは先方も確認をした。確認をした、ということであります」


 こんな感じのやり取りが延々続く。
 山本議員の「訂正しないんなら、誤解したままの諸外国への対処はどうするのだ」という問いには、「機会があるたびにその都度説明する」という謎の方針を打ち出す。
 「アメリカの国務省がうっかりでこんな事するわけがない。確信的な勇み足ではないか」「総理の国内基盤がしっかりしてない、反対派がある、それをアメリカは知っているから足下見られてあなどられてるのだ」などの指摘にも、まるで筋違いな解答。
 「こんなセンスで外交やってるんだ」と皮肉られる始末。
 だが、このかたくなさ、ただの愚かではない。

 この人はあれだな、国内産業守る交渉なんてする気ないな。
 なし崩し的に、財もサービスも全部自由化させる気だな。恐ろしいな。
 そうだよね、交渉なんてする気なかったんなら、合点がいくよね。できるわけないんだから、するつもりだったらバカなんだが。
 もっとたちが悪い。邪悪だ。

 10年後には日本は植民地になってると思うな。こいつのせいでな。


 さて、TPPに賛成している経団連とか、財界の連中ですが。
 なんであいつらは賛成しているのか、みなさんご存知でしょうか。

理由1 もうグローバル化しちゃってるので、日本国内が苦しんだりデフレ悪化したりしても関係ないし興味もない。
理由2 株主がすでにけっこう外資。だからもう半分外国の会社。
理由3 TPPで得をする米国企業と提携している企業も多い。

 とまあ、こういう、日本が沈没しても逃げられるような連中が賛成しておるわけです。


 だいたい、TPPなんて入らなくても、日本は二国間の貿易協定を多く結んでいるので、孤児になったりしない。
 たとえばタイとの農業協定では、日本は農業技術の提供、人材の派遣を行っており、かわりにタイ政府が日本に対してコメ自由化を求めないように定めている。こういうケースバイケースの、TPPよりはるかにソフトな協定で世界とは繋がれている。
 まあ、今となっては何を言っても止められないが。(でも議会で止まるかも……という淡い期待)

 しかしまあ、黎明にせよ落日にせよ、歴史は歴史。粛々と今を生き、ゆくすえを目撃しつづけようと思う。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター