FC2ブログ

地獄の新世紀

なんかインフラ系の仕事をする夢を見て、どうやら日本は木材や鋼鉄が大変不足しているらしく、枕木やレールの価格が跳ね上がっている。なのでこっそり盗んで別の場所で売ろうと思っていた。(今思ったがそれは仕事ではなく、単なる窃盗であるな)

よく晴れているが土砂が盛られていて見晴らしは悪く、また鉄条網も張られているので移動は難しいが、財力のあるライバル会社はロードローラーなどで踏みつぶして移動している。私はダイナマイトなら持っていたので、「怪しい伝説」のごとく「爆破するぞー!」と叫び回り、四方八方に投げて回った。ロードローラーからライバル会社の社員が慌てて逃げ出し、私はその荷台に枕木を積んで帰ろうと思った。

その数分後、爆発を聞きつけた別のポリス風男がやってきて、「お前は誰だ!」と叫んできた。私はハッタリをきかせて「俺は小平の義族、本当は小金井の方が好きだが戦争に負けて居られなくなってしまった! そういうお前はどこのだれだ!」
「俺か? 俺は……」そして一分ほど口ごもったのちに、「俺は俺だ!」と、何も解決しない捨て台詞を吐いて逃走した。

それから一分しないうちに、また誰かやってきた。「お前は誰だ!」と聞かれて、もういい加減疲れたので、枕木を切っていた私は「木を切っている与作です」と適当に答えた。ヘイヘイホー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター