FC2ブログ

小平滅亡

ネアンデルタール人が徘徊し、五分に一本はどこかで火炎瓶が炸裂する平凡な日常きょうこのごろ、だれもまだ言ってないフレーズ「神は生きた!」を叫ぶ。「生きた! よくやった!」すると既に限界を超えて精神崩壊寸前になってひさしい神はよぼよぼの笑顔をみせて「もう……死んでもいいよね?」とつぶやく。だれも止められまい……死に馬にむち打つようなことをだれも言えはしまい……。ぼくは神を優しく抱いて、おねむりなさいと言った。神は静かに目を閉じた……するとどうだろう! いい年をした男がももいろクローバーZを熱唱しだし、人々は十字架の首飾りを投げ捨て髑髏信仰が芽生え、おねえさんはゲロを吐きまくり、バーのマスターは客の勘定で飲酒し、小平団地は燃える始末!……無政府!! アポカリプスは到来した! サイレンを鳴らしてやってくる最後の審判車が野次馬をひき殺しながらホースで粘液を撒き散らしている……小平最後の日はこうして始まった。そしてお昼にはお弁当が配られ、夕方はみんなで夕日を見ながら今までの嫌なことをぜんぶわすれるんだ。そして終るはずのない終末を明日も待ち続けるのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: リバース

お父上様についてはお悔やみ申し上げます。

何のために産まれるか、どういう風に生きるかというのは難しい問題ですね。
というのは、そもそも産まれた当初は、我々はべつに何かをするために出てきたわけではありませんからね。
ただ、「幸せになる」というのを「目標に」、ということであるのなら、
生きてるといろいろありますから難しい局面もでてきますが、なんとか目指すしかありませんね。

体調的にどうしても辛い時もあるかと思いますが、
抜ける時は肩の力を抜いて下さいね。
お母様のご健勝を祈ってます。


プロフィール

金城孝祐

Author:金城孝祐
劇団無敵の作・演出家。油絵も描いてる。

最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター